医療機器メーカーで働く看護師

医療機器メーカーで働く看護師

看護師の中には、クリニカスペシャリストとして医療機器メーカーで働く看護師がいます。これは、看護師の資格を活かし、医療機器メーカーの社員の一員として活躍するということになります。

 

クリニカスペシャリストとして働く看護師がどのような仕事をしているのかというと、

 

・営業…医療機関を訪問し、医師や看護師に自社の製品の営業を行います。セミナーを行うなどして実際にその製品を使って見せて、医療機関で購入していただけるよう説明を行っていきます。
・アフターケア…製品を購入してくれた医療機関へのフォローを行います。医師や看護師に製品の使い方について詳しく説明をする仕事です。

 

大きく分けると、この2つの仕事を主に行います。医療機器の説明を行うということは、医療に関する知識と経験が必要ということになりますので、医療機器メーカーでは看護師が求められているのです。

 

より多くの方に自社の製品を使ってもらうためには、相手に製品の良さをわかってもらえるようなプレゼン能力が必要となってきます。また、外資系企業に勤める場合には、外国の方とのかかわりが多くなるため英語力も必要となってくるでしょう。英語が得意な方・今までの仕事とは別の仕事にチャレンジしてみたいという方には、医療機器メーカーでの仕事がおすすめです。